Slack認定管理者試験

Slack認定管理者試験

セキュアなオンライン試験で、自分のスキルを証明できます。履歴書を充実させ 、Slack 管理能力を最大限に生かしましょう。

About this exam

この試験について

Slack 認定管理者試験に向けた準備クイックスタートガイド

試験ガイド    Examity 登録ガイド

概要

Slack の管理機能の使用経験や、チームの作業効率化に取り組んだ経験がある場合は、Slack 認定管理者になることで、スキルをテストして、資格をアピールできます。 

認定を受けることで、Slack の機能や、それを使ってチームの仕事をよりシンプルに、快適に、有意義にする方法について、知識を持っていることを世界に示せます。本試験に合格すると、18 か月間にわたって正式に Slack 認定管理者の資格が得られます。

認定証は、組織内のほかのメンバーや、Slack の管理をしながら Slack を活用して組織の変革を推進している人々で構成される幅広いコミュニティに示せます。

受験資格

Slack 認定管理者になるには、Slack の実装、構成、管理に必要な知識とスキルを実証する必要があります。スタンダード、プラス、Enterprise Grid を含む、Slack のすべての有料プランのユースケースについて、ポリシー、設定、機能、ソートリーダーシップを問題なく推奨できるようになる必要があります。Slack 管理者としての実際の経験と管理コンソールでの作業経験が少なくとも 6 〜 12 か月あることをお勧めします。

このプログラムは、Slack 管理者のスキルを構築して、習熟度を検証することを目的としています。次の項目についてある程度理解しているとよいでしょう。

  • 管理者の役割
  • Slack アーキテクチャ
  • ユーザーのプロビジョニング
  • 設定とポリシー
  • チャンネルの構造
  • アプリの承認プロセス
  • データセキュリティ
  • プロセス設計
  • チームの定着度を向上させる方法

実務経験が少ない方や、試験の準備としてこれらのスキルを習得したい方は、Slack 認定管理者準備コースを受講することをお勧めします。このコースでは、試験の合格に必要なスキルを習得することができます。

試験概要

試験の形式 :  複数選択問題(60 問)

試験時間 : 90 分

合格点 :  65%

受験料 :  150 US ドル Slack 認定管理者準備コース が付属した 300 US ドルのパッケージもご用意しています)

試験の実施方法 :  オンライン試験(監督付き)

前提条件 :  前提条件はありませんが、Slack 認定管理者準備コースを受講して、試験の準備をしておくことをお勧めします。

言語 : 日本語

 

+ 試験の概要

この概要では、試験範囲となるトピックの一覧を見ていきます。Slack 認定管理者準備コースを受講するほか、このトピックの一覧を確認して、受験前に対象のスキルを習得しておくことをお勧めします。

ワークショップ 1 : 基礎(13%) 
1.1 9 つの Slack ユーザーの種別すべての主な違いを挙げて説明する。
1.2 一般的なビジネスニーズを最もよく解決する Slack プランを特定する。
1.3 Slack 管理者の一般的な管理上の役割について説明する。
1.4 管理者へのリクエストチャンネルのメリットを説明する。
1.5 ワークスペースと OrG 全体の管理者ダッシュボードから管理されている設定を特定する。
ワークショップ 2 : ワークスペースの管理(13%)
2.1 組織のニーズを満たすために、ワークスペースまたはチャンネルを作成すべき場合を決定する。
2.2 ワークスペース作成リクエストのプロセスについて説明する。
2.3 ワークスペースの表示に関する 4 つの設定と、それぞれのユースケースを思い起こす。
2.4 Enterprise Grid OrG に関連するドメインを申請するメリットを挙げる。
2.5 企業のニーズを満たして、すべてのユーザーに最高のエクスペリエンスを提供できるように、Grid の構造を設計する上で重要な考慮事項を特定する。
2.6 管理者とメンバーの両方のワークスペースの統合に関して、重要な考慮事項と結果について説明する。
ワークショップ 3 : チャンネルとユーザーグループの管理(19%)
3.1  ユーザーが DM(ダイレクトメッセージ)またはグループ DM を使用すべき場合と、チャンネルを使用すべき場合を比較して提案する。
3.2 Slack のさまざまなチャンネルのユースケースを定義して説明する。
3.3 @channel、@here、@everyone の一般的な使用例について説明する。
3.4 チャンネルの命名規則の重要性と、組織でその規則を導入する方法について説明する。
3.5 チャンネルを削除すべき場合と、アーカイブすべき場合を比較して提案する。
3.6 Slack ユーザーグループのメリットと活用例について説明する。
ワークショップ 4 :ユーザーライフサイクル管理(14%)
4.1 組織のニーズを満たすための最適な認証プロセスを提案する。
4.2 ユーザーのアカウントのさまざまな作成方法のメリットとデメリットを特定する。
4.3 Slack デスクトップアプリを使ってユーザーをプロビジョニングする。
4.4 ユーザーのアカウントを解除するさまざまな方法について説明する。
4.5 ゲストユーザーのリクエストと承認プロセスを作成する。
ワークショップ 5 : アプリの管理(14%)
5.1ビジネスユニットが Slack を使用して最適化できるワークフローを特定するのに役立つ方法を特定する。
5.2 Describe the benefits of connecting the productivity tools your company uses every day with Slack.
5.2 企業が毎日使用している仕事効率化ツールと Slack を連携させることのメリットを説明する。
5.3 Slack App ディレクトリからアプリをインストールすべき場合や、ニーズを満たすカスタムアプリを構築すべき場合を提案する。
5.4 アプリが組織のニーズとセキュリティポリシーを満たしているかどうかを判断する。
5.5 アプリ承認プロセスの設定と管理について説明する。
5.6 一般的なワークフローに対してコーディング不要のソリューションを設計する。
ワークショップ 6 : セキュリティ(9%)
6.1 Slack がセキュリティガバナンス、リスク管理、コンプライアンスをどのように優先しているかを説明する。
6.2 特定のビジネスニーズを満たすために、アクセスとモバイルデバイスを管理する製品機能を推奨する。
6.3 特定のビジネスニーズを満たすためにデータを保護および管理する製品機能を推奨する。
6.4 特定のビジネスニーズを満たすために、情報を管理する製品機能を推奨する。
ワークショップ 7 : 成功に向けた問題解決(18%)
7.1 Slack アナリティクスダッシュボードを使って、成功の指標を計測し、その情報に基づいた意思決定を行う。
7.2組織の Slack に対するビジョンの実行に役立つ部門間の関係とリソースを特定する。
7.3 チャンネルベースのコミュニケーションでメンバーをまとめて、作業に集中させ、エンゲージメントを維持するための Slack でのお手本となる良い行いを説明する。
7.4 Slack の透明性とコラボレーションを向上させる設定やポリシーの変更について説明する。⠀⠀
7.5 メンバーに Slack の製品スキルを習得させるための適切なリソースを特定する
7.6 チームメンバーが Slack を効果的に使用できるようにアンバサダーネットワークを構築する。

特定の分野についてもっと学習したい場合は、次のような Slack のリソースで詳細を参照することもできます。

+ 試験の準備のヒント

試験当日に向けて準備する際は、以下のヒントを参考にしてください。

  • 試験を開始する前に、政府発行の写真付き身分証明書(「身分証明書」)を提示する必要があります。身分証明書は有効期限内であり、身分証明書に記載された氏名は、試験申し込み時に申告した氏名と一致している必要があります。
  • 試験ガイドと準備コースの資料は確認できますが、試験を開始する前には片付けてください。
  • オンラインで試験を受ける前に、必要なシステムチェックを完了してください。
  • ウェブカメラ、マイク、安定したインターネット接続がある、信頼性の高いデバイスを用意してください。
  • 可能であれば、1 週間前までに試験のスケジュールを設定してください。手数料が発生しないようにするために、24 時間前までに試験のスケジュールを設定する必要があります。
  • Examity の受験者向けのよくある質問ページに記載されているとおり、試験のすべての技術要件を読み、遵守できることを確認してください。

試験当日には、以下の点を確認してください。

  • 十分な休息を取り、食事や軽食を取っておきましょう。ただし、試験中はデスク周りに食べ物を置かないでください。
  • 時間に余裕を持って、試験サイトにログインしてください。試験開始の 15 分前にログインしておくことをお勧めします。これにより、試験監督者と接続し、発生する可能性のある技術的な問題をトラブルシューティングするための十分な時間を確保できます。

注意 :  試験監督者に接続し、本人確認を完了するまでの時間は、90 分の試験時間には含まれません。試験時間を選択する際には、さらに 15 分程度余分に時間を確保してください。

  • 身分証明書を準備しておいてください。監督者から身分証明書を提示するか、身分証明書の写真を撮影することが求められます。試験パートナーの Examity にて、身分証明書が正確であるかどうかを確認します。
  • 注意 : 写真が審査を通過しなかった場合、試験監督者によってトラブルシューティングのサポートが提供されるか、試験のスケジュールを別の日程に変更するように指示される場合があります。
  • 時間をかけて、試験問題をよく読みましょう。頑張ってください。

+ 受験規約

本試験に申し込むことにより、以下の点を認識し、同意するものとします。

  • 次の場合、受験者は審査の対象となることがあります。
  • 次の場合、受験者は審査の対象となることがあります。
  • 携帯電話、タブレット、その他の電子機器、筆記用具、紙、予習メモなど、試験中に私物を使用する。
  • 第三者がカメラに映る。
  • 受験者が試験中にカメラに映らなくなる。
  • 試験の前後や試験中に、試験の質問を他人と共有したり話し合ったりすることはできません。
  • 携帯電話でスクリーンショットや写真を撮ったり、試験内容をメモしたりすることは禁止されており、失格となる可能性があります。
  • 受験者が第三者の代わりに試験を受けることも、第三者が受験者の代わりに試験を受けることもできません。
  • 受験者が試験の不正行為や、その他試験の整合性を損なうおそれのある試験の違反行為に関与していると判断する根拠がある場合は、試験を終了することがあります。また、試験結果や認定ステータスが取り消される場合もあります。
  • 受験者は、受験中に、製品や内容が更新される可能性があることに同意するものとします。なお、試験の内容は隔年で更新されます。  製品や内容に関する更新については、slackcertified.com をご覧ください。

また、以下の点を守ってください。

  • カンニングや不正行為は禁止されています。本試験では参考資料を持参できません。印刷物、電子媒体、第三者を問わず、試験中に外部リソースを利用していることが判明した場合、認定が取り消される可能性があります。⠀⠀
  • 試験の内容や準備資料を共有しないでください。 質問とその順番はランダムで表示されます。受験要件を満たして、認定の有効性を維持するために、試験の内容や準備資料をコピーしたり共有したりしないでください。これらを他人に見せないでください。
  • 携帯電話をマナーモードに設定してください。 携帯電話をマナーモードに設定して、ほかの私物と一緒に手の届かないところに保管してください。カスタマーサポートが必要な状況で、チャット機能でサポートを受けられない場合にのみ、スマートフォンを使用できます。⠀⠀⠀
  • プライバシーを確保できる、静かな場所で試験を受けてください。 邪魔が入らず、プライバシーを確保できる静かな場所を確保しましょう。
  • 作業スペースを整理整頓してください。 作業スペースでは、すべての私物を片付けてください。飲み物や紙類は置かないでください。フード付きの衣類、ジャケット、帽子は着用できません。ご自身で条件を満たした環境を整えてください。

注意 :  職場で受験する場合は、会議室や同等の個室を予約してください。パーティションで区切られたスペース(半個室)で試験を受けることはできません。試験監督者が試験を中断する可能性があります。

  • 試験監督に関する要件を遵守してください。 試験中はウェブカメラ、スピーカー、マイクをオンのままにしておいてください。試験中は私語が禁止されています。問題がある場合は、試験監督者に相談してください。

異議申し立て

  • 実際の試験ポリシー違反またはその疑いに対して講じられた措置に同意できない場合は、30 日以内に Examity のカスタマーサポートチーム(電話 855-EXAMITY(855-392-6489)またはメール support@examity.com)に異議を申し立ててください。カスタマーサポートチームが申し立て内容を確認して、最終決定を行います。

 

よくある質問      お問い合わせ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Curriculum

  • 試験の概要
  • Slack認定管理者試験

About this exam

この試験について

Slack 認定管理者試験に向けた準備クイックスタートガイド

試験ガイド    Examity 登録ガイド

概要

Slack の管理機能の使用経験や、チームの作業効率化に取り組んだ経験がある場合は、Slack 認定管理者になることで、スキルをテストして、資格をアピールできます。 

認定を受けることで、Slack の機能や、それを使ってチームの仕事をよりシンプルに、快適に、有意義にする方法について、知識を持っていることを世界に示せます。本試験に合格すると、18 か月間にわたって正式に Slack 認定管理者の資格が得られます。

認定証は、組織内のほかのメンバーや、Slack の管理をしながら Slack を活用して組織の変革を推進している人々で構成される幅広いコミュニティに示せます。

受験資格

Slack 認定管理者になるには、Slack の実装、構成、管理に必要な知識とスキルを実証する必要があります。スタンダード、プラス、Enterprise Grid を含む、Slack のすべての有料プランのユースケースについて、ポリシー、設定、機能、ソートリーダーシップを問題なく推奨できるようになる必要があります。Slack 管理者としての実際の経験と管理コンソールでの作業経験が少なくとも 6 〜 12 か月あることをお勧めします。

このプログラムは、Slack 管理者のスキルを構築して、習熟度を検証することを目的としています。次の項目についてある程度理解しているとよいでしょう。

  • 管理者の役割
  • Slack アーキテクチャ
  • ユーザーのプロビジョニング
  • 設定とポリシー
  • チャンネルの構造
  • アプリの承認プロセス
  • データセキュリティ
  • プロセス設計
  • チームの定着度を向上させる方法

実務経験が少ない方や、試験の準備としてこれらのスキルを習得したい方は、Slack 認定管理者準備コースを受講することをお勧めします。このコースでは、試験の合格に必要なスキルを習得することができます。

試験概要

試験の形式 :  複数選択問題(60 問)

試験時間 : 90 分

合格点 :  65%

受験料 :  150 US ドル Slack 認定管理者準備コース が付属した 300 US ドルのパッケージもご用意しています)

試験の実施方法 :  オンライン試験(監督付き)

前提条件 :  前提条件はありませんが、Slack 認定管理者準備コースを受講して、試験の準備をしておくことをお勧めします。

言語 : 日本語

 

+ 試験の概要

この概要では、試験範囲となるトピックの一覧を見ていきます。Slack 認定管理者準備コースを受講するほか、このトピックの一覧を確認して、受験前に対象のスキルを習得しておくことをお勧めします。

ワークショップ 1 : 基礎(13%) 
1.1 9 つの Slack ユーザーの種別すべての主な違いを挙げて説明する。
1.2 一般的なビジネスニーズを最もよく解決する Slack プランを特定する。
1.3 Slack 管理者の一般的な管理上の役割について説明する。
1.4 管理者へのリクエストチャンネルのメリットを説明する。
1.5 ワークスペースと OrG 全体の管理者ダッシュボードから管理されている設定を特定する。
ワークショップ 2 : ワークスペースの管理(13%)
2.1 組織のニーズを満たすために、ワークスペースまたはチャンネルを作成すべき場合を決定する。
2.2 ワークスペース作成リクエストのプロセスについて説明する。
2.3 ワークスペースの表示に関する 4 つの設定と、それぞれのユースケースを思い起こす。
2.4 Enterprise Grid OrG に関連するドメインを申請するメリットを挙げる。
2.5 企業のニーズを満たして、すべてのユーザーに最高のエクスペリエンスを提供できるように、Grid の構造を設計する上で重要な考慮事項を特定する。
2.6 管理者とメンバーの両方のワークスペースの統合に関して、重要な考慮事項と結果について説明する。
ワークショップ 3 : チャンネルとユーザーグループの管理(19%)
3.1  ユーザーが DM(ダイレクトメッセージ)またはグループ DM を使用すべき場合と、チャンネルを使用すべき場合を比較して提案する。
3.2 Slack のさまざまなチャンネルのユースケースを定義して説明する。
3.3 @channel、@here、@everyone の一般的な使用例について説明する。
3.4 チャンネルの命名規則の重要性と、組織でその規則を導入する方法について説明する。
3.5 チャンネルを削除すべき場合と、アーカイブすべき場合を比較して提案する。
3.6 Slack ユーザーグループのメリットと活用例について説明する。
ワークショップ 4 :ユーザーライフサイクル管理(14%)
4.1 組織のニーズを満たすための最適な認証プロセスを提案する。
4.2 ユーザーのアカウントのさまざまな作成方法のメリットとデメリットを特定する。
4.3 Slack デスクトップアプリを使ってユーザーをプロビジョニングする。
4.4 ユーザーのアカウントを解除するさまざまな方法について説明する。
4.5 ゲストユーザーのリクエストと承認プロセスを作成する。
ワークショップ 5 : アプリの管理(14%)
5.1ビジネスユニットが Slack を使用して最適化できるワークフローを特定するのに役立つ方法を特定する。
5.2 Describe the benefits of connecting the productivity tools your company uses every day with Slack.
5.2 企業が毎日使用している仕事効率化ツールと Slack を連携させることのメリットを説明する。
5.3 Slack App ディレクトリからアプリをインストールすべき場合や、ニーズを満たすカスタムアプリを構築すべき場合を提案する。
5.4 アプリが組織のニーズとセキュリティポリシーを満たしているかどうかを判断する。
5.5 アプリ承認プロセスの設定と管理について説明する。
5.6 一般的なワークフローに対してコーディング不要のソリューションを設計する。
ワークショップ 6 : セキュリティ(9%)
6.1 Slack がセキュリティガバナンス、リスク管理、コンプライアンスをどのように優先しているかを説明する。
6.2 特定のビジネスニーズを満たすために、アクセスとモバイルデバイスを管理する製品機能を推奨する。
6.3 特定のビジネスニーズを満たすためにデータを保護および管理する製品機能を推奨する。
6.4 特定のビジネスニーズを満たすために、情報を管理する製品機能を推奨する。
ワークショップ 7 : 成功に向けた問題解決(18%)
7.1 Slack アナリティクスダッシュボードを使って、成功の指標を計測し、その情報に基づいた意思決定を行う。
7.2組織の Slack に対するビジョンの実行に役立つ部門間の関係とリソースを特定する。
7.3 チャンネルベースのコミュニケーションでメンバーをまとめて、作業に集中させ、エンゲージメントを維持するための Slack でのお手本となる良い行いを説明する。
7.4 Slack の透明性とコラボレーションを向上させる設定やポリシーの変更について説明する。⠀⠀
7.5 メンバーに Slack の製品スキルを習得させるための適切なリソースを特定する
7.6 チームメンバーが Slack を効果的に使用できるようにアンバサダーネットワークを構築する。

特定の分野についてもっと学習したい場合は、次のような Slack のリソースで詳細を参照することもできます。

+ 試験の準備のヒント

試験当日に向けて準備する際は、以下のヒントを参考にしてください。

  • 試験を開始する前に、政府発行の写真付き身分証明書(「身分証明書」)を提示する必要があります。身分証明書は有効期限内であり、身分証明書に記載された氏名は、試験申し込み時に申告した氏名と一致している必要があります。
  • 試験ガイドと準備コースの資料は確認できますが、試験を開始する前には片付けてください。
  • オンラインで試験を受ける前に、必要なシステムチェックを完了してください。
  • ウェブカメラ、マイク、安定したインターネット接続がある、信頼性の高いデバイスを用意してください。
  • 可能であれば、1 週間前までに試験のスケジュールを設定してください。手数料が発生しないようにするために、24 時間前までに試験のスケジュールを設定する必要があります。
  • Examity の受験者向けのよくある質問ページに記載されているとおり、試験のすべての技術要件を読み、遵守できることを確認してください。

試験当日には、以下の点を確認してください。

  • 十分な休息を取り、食事や軽食を取っておきましょう。ただし、試験中はデスク周りに食べ物を置かないでください。
  • 時間に余裕を持って、試験サイトにログインしてください。試験開始の 15 分前にログインしておくことをお勧めします。これにより、試験監督者と接続し、発生する可能性のある技術的な問題をトラブルシューティングするための十分な時間を確保できます。

注意 :  試験監督者に接続し、本人確認を完了するまでの時間は、90 分の試験時間には含まれません。試験時間を選択する際には、さらに 15 分程度余分に時間を確保してください。

  • 身分証明書を準備しておいてください。監督者から身分証明書を提示するか、身分証明書の写真を撮影することが求められます。試験パートナーの Examity にて、身分証明書が正確であるかどうかを確認します。
  • 注意 : 写真が審査を通過しなかった場合、試験監督者によってトラブルシューティングのサポートが提供されるか、試験のスケジュールを別の日程に変更するように指示される場合があります。
  • 時間をかけて、試験問題をよく読みましょう。頑張ってください。

+ 受験規約

本試験に申し込むことにより、以下の点を認識し、同意するものとします。

  • 次の場合、受験者は審査の対象となることがあります。
  • 次の場合、受験者は審査の対象となることがあります。
  • 携帯電話、タブレット、その他の電子機器、筆記用具、紙、予習メモなど、試験中に私物を使用する。
  • 第三者がカメラに映る。
  • 受験者が試験中にカメラに映らなくなる。
  • 試験の前後や試験中に、試験の質問を他人と共有したり話し合ったりすることはできません。
  • 携帯電話でスクリーンショットや写真を撮ったり、試験内容をメモしたりすることは禁止されており、失格となる可能性があります。
  • 受験者が第三者の代わりに試験を受けることも、第三者が受験者の代わりに試験を受けることもできません。
  • 受験者が試験の不正行為や、その他試験の整合性を損なうおそれのある試験の違反行為に関与していると判断する根拠がある場合は、試験を終了することがあります。また、試験結果や認定ステータスが取り消される場合もあります。
  • 受験者は、受験中に、製品や内容が更新される可能性があることに同意するものとします。なお、試験の内容は隔年で更新されます。  製品や内容に関する更新については、slackcertified.com をご覧ください。

また、以下の点を守ってください。

  • カンニングや不正行為は禁止されています。本試験では参考資料を持参できません。印刷物、電子媒体、第三者を問わず、試験中に外部リソースを利用していることが判明した場合、認定が取り消される可能性があります。⠀⠀
  • 試験の内容や準備資料を共有しないでください。 質問とその順番はランダムで表示されます。受験要件を満たして、認定の有効性を維持するために、試験の内容や準備資料をコピーしたり共有したりしないでください。これらを他人に見せないでください。
  • 携帯電話をマナーモードに設定してください。 携帯電話をマナーモードに設定して、ほかの私物と一緒に手の届かないところに保管してください。カスタマーサポートが必要な状況で、チャット機能でサポートを受けられない場合にのみ、スマートフォンを使用できます。⠀⠀⠀
  • プライバシーを確保できる、静かな場所で試験を受けてください。 邪魔が入らず、プライバシーを確保できる静かな場所を確保しましょう。
  • 作業スペースを整理整頓してください。 作業スペースでは、すべての私物を片付けてください。飲み物や紙類は置かないでください。フード付きの衣類、ジャケット、帽子は着用できません。ご自身で条件を満たした環境を整えてください。

注意 :  職場で受験する場合は、会議室や同等の個室を予約してください。パーティションで区切られたスペース(半個室)で試験を受けることはできません。試験監督者が試験を中断する可能性があります。

  • 試験監督に関する要件を遵守してください。 試験中はウェブカメラ、スピーカー、マイクをオンのままにしておいてください。試験中は私語が禁止されています。問題がある場合は、試験監督者に相談してください。

異議申し立て

  • 実際の試験ポリシー違反またはその疑いに対して講じられた措置に同意できない場合は、30 日以内に Examity のカスタマーサポートチーム(電話 855-EXAMITY(855-392-6489)またはメール support@examity.com)に異議を申し立ててください。カスタマーサポートチームが申し立て内容を確認して、最終決定を行います。

 

よくある質問      お問い合わせ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Curriculum

  • 試験の概要
  • Slack認定管理者試験